2012年10月09日

ベーコン(自家製)レシピその4

こんにちは。

ベーコン(自家製)レシピその3の途中で
雨が降ってきてしまい、一時中断してしまいましたが、
ようやく完成に持って行くことができました!

手順としては、一夜ベランダに干された豚バラブロック、
翌朝には見事に水気がなくなり、
いつでも燻製の準備はOKです。

1000円ほどで変えた燻製器

市販で買った燻製器をカセットコンロの上にセットし、
タコ糸でがんじがらめに結んだ豚バラをつるします。

※中華鍋で燻す方法もありますが、
 ここではせっかく買ったので燻製器を使います。

まずは5分ほど空焚きして、
その後に、火をつけたさくらのスモークウッドを入れます。
※スモークウッドの香りの好みは人それぞれです。

さくらのスモークウッド

あとは、4時間ほどひたすらいぶし続けます。
あ、温度計はあったほうがいいですよ!
庫内の温度を70度前後に保つために必要です。



ここで温度を上げ過ぎると、焼き豚になります。
※経験済み

ここで温度を下げすぎると、パンチェッタという代物になります。
※今回作るのはベーコンです。


だいたい、カセットコンロのとろ火(弱火より弱い)で
火が消えないように、時々覗くのがいいです。

・・・

はい!できました!

出来立てベーコン!

22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月07日

ベーコン(自家製)レシピその3

こんにちは( ´∀`)

さあ早速、前回のベーコン(自家製)レシピその2
塩抜き後からのお話ですね。

お好みの塩加減よりも気持ち薄め
(この後の乾燥や燻製でさらにしょっぱくなります)
になったら、水から上げます。

水を切って、さらにキッチンペーパーなどで
よーく水気を拭き取ります。

水気が残ってると、肉質が悪くなりますよ。


はい、では乾燥させますね。
僕は、時間にして約12時間ほどかけて乾燥させています。
いよいよ終盤に近づいて来ましたよ!


乾燥方法は人それぞれだと思います。
僕は排水口ネット(もちろん未使用品)を使います。

肉をそのまま入れて、洗濯バサミ等を駆使して
ベランダにそのまま干しちゃいます。

ベーコン

この後に燻製で殺菌され、
さらに食べる時は加熱しますので(・∀・)
僕はあまり気になりませんね。


とはいえ、このやり方だと、ベランダの環境などの
衛生面で気にされる方もいると思います。

ご近所さんから見ると、ベランダに豚バラが干されてたら・・

そんな時は、冷蔵庫に入れておくのもアリですよ。


さあ!






雨が降ってきましたね・・・
しかも土砂降りです。最近こんな天気ですよね。

ああ、もちこしだぁ(;_;)

23:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年10月06日

ベーコン(自家製)レシピその2

はい!こんにちは。

前回のベーコン(自家製)レシピから
早くも1週間ほど経過しましたね。

あのあと、冷蔵庫に入れた幼いベーコン(豚バラブロック)を
揉んだり、ひっくり返したりしてようやく取り出しましたよ。


取り出した豚バラは水でよく洗います。
このときに、ざっとクレイジーソルトの
ハーブなどを落としておきます。

あ、念入りに落とす必要はないですよ。
やり過ぎると、肉がボロボロになりますから(笑)
本当に、適当です。
ハーブが残ってても気にしません。

ベーコン

それと、今回入れ忘れたんですが、
冷蔵庫に寝かせるときに、
ローリエも一緒に入れると風味が増しますよ(・∀・)


適当に洗い落とした豚バラは、
ボウルなどに入れて水を浸しておいてください。
このまま1時間ほど塩抜きをします
※30分ほどで一旦、水を取り替えます。


塩抜き終わったら、一度肉の端を
ほんのちょびっとだけ切り落として、丸焼きにしますよ。

丸焼きといっても味見の意味です。
よく焼けたらそのまま食べてみてくださいね。


どうですか?しょっぱいですか?


しょっぱかったらもうちょっと塩抜きしましょう。
そのへんはお好みです。手作りってそんな調整方法です。
※このあと、乾燥したりするのでさらにしょっぱくなります。

うーん。結構簡単に終わる作業ですが、
説明が長くなっちゃいましたね・・・^^;

ちょっと一区切り入れますね〜。

23:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。